スノーピーク製品の買取・査定を専門に行うキャンバスのサイトへようこそ!各種製品・キャンプ場・スノーピーカーの声などお役立ち情報も掲載中です。

canvas

スノーピーク・
キャンプ用品買取専門店

査定買取査定のお申し込み

#お客様の声 / 当店からのお知らせ・コラム情報

キャンバスをご利用いただいたお客様の声をご紹介しています。
当店からのお知らせ、スノーピーク・キャンプに関するコラムも掲載しています。

コラム

スノーピークのテントのニュースタイルキャンプモデルについて

4.スノーピークのテントのニュースタイルキャンプモデルについて

 

○スノーピークのニュースタイルキャンプモデルの種類について

スノーピークのニュースタイルキャンプモデルのスカイネスト(SD-660)は、テントの可能性を広げる為に製作・販売されています。なんと浮遊するテントの形と仕様をしています。まるでハンモックのように木々の間に吊り下げる形になっています。テントで体感できるハンギングスタイルで、地上から浮かんで過ごすことで、キャンプの時間がいつもと変わります。

 

テントを空中に浮かべるには、ハンギング用のテープを2本の木に結びます。本体はそこに吊るすだけなので設置が意外と簡単に行えます。木々に設置していても、揺れは付属のロープを使って軽減できるような仕様になっています。また、荷重対策も万全で安全に浮遊できるように、強度もしっかりした構造になっています。

 

通気性も非常に快適な仕様で、5方向にメッシュパネルが装着されています。その為、通気性に優れ、全ての方向から風が入ります。上部もメッシュパネルなので、通気も上方向から入り、景観も楽しめる天窓のような役割を果たしています。しかも、大型のベンチレーターが設置されているので、空気の循環も促すことができます。

 

ちょっとした工夫もあって、キャンパーの悩みを解決してくれます。つまり、浮遊しているテントに入ったら靴はどうしたらいいのだろうという問題です。これには、テントの下側にシューズポケットが設置されていて便利に使えます。また、雨が降っても靴にはしみ込まないように設計されています。

 

○スノーピークのニュースタイルキャンプモデルの人気シリーズについて

スノーピークのニュースタイルキャンプモデルのスカイネスト(SD-660)は、他のシリーズにはない浮遊空間をキャンプで体感できるので人気があります。キャンプをする人にとって、大自然の中で快適に木々の間にテントを吊るして、くつろぎたいという思いは強いです。そんな夢のようなキャンプ生活が実現できるスカイネストは、浮遊しながら、さまざまな使い方ができるテントです。

 

寝ころびながら、読書の時間を過ごします。また、サイドのメッシュパネルから遠くの景色を楽しみながら絵を描くのも良いです。また、天窓のような上部のメッシュパネルから見る上空の景色は夜になると満天の星空を楽しめます。星の観測や星の写真を撮るのに便利なテントです。

 

また、大自然を愛するキャンパーだからこそ、ハンギングする木々を傷つけたくはないです。その辺りもきちんと考慮されていて、ロープの摩擦を減らす工夫があります。それが、ウレタンマットを使った保護シートで、これで木々を自分の体重とテント加重から守ることができます。きちんと自然に対して配慮をしているシリーズだから、楽しくキャンプ生活が営めます。

 

地上から浮遊しているので、気候の影響で地表から冷えが上がってくることは減っています。地表から上がる冷気は地面とテントの間を抜けていきます

 

○スノーピークのニュースタイルキャンプモデルの選び方について

キャンプで浮遊体験をしたい人は、ぜひ、スノーピークのニュースタイルキャンプモデルを選ぶと良いです。なかなかできない自然を身近に感じる時間を持ちたいのなら、スカイネストがおススメです。また、親子で子供にアウトドアな楽しい時間を体験させたいと考えるのならスカイネストにしましょう。

 

さて、スノーピークのニュースタイルキャンプモデルのスカイネスト(SD-660)を選ぶ方法としては、まず木々にバンキングできるかどうかがポイントです。しかし、これはコツをつかめば簡単にできます。選ぶ基準になるので、設置方法をお伝えします。

 

まず、木々に吊るすテープの位置はテントの位置よりも上になります。テープさえ木に設置すれば、テントをテープのセッティングボタンに装着するだけなので簡単です。

 

女性がスカイネストを設置するのなら、簡単な方法があるので実践してみてほしいです。まず、設置に一工夫するのなら、簡単に使える折り畳みの脚立を持っていきます。できれば女性2名で、左右の木々にそれぞれテープを渡らせると安定します。つまり、1人1テントにして、それぞれのスカイネストの設置を手伝う形です。

 

ただし、男性1人ならそれぞれのテープを順番に設置して簡単に完成します。また、設置場所には、段差がある場所を選ぶと簡単に設置できます。つまり、木々の高さが真下になる場所で、傾斜になっているところを選びます。これなら手を伸ばせばテープは設定できます。つまり、丘になっていて眼下に見える木のそれぞれにテープを設置すれば完成するのです。このように、スカイネストを吊るす地形を下見してから、テープを固定すれば時間をかけずに簡単にテントを設置できるのです。

 

こうすれば、楽しいテントで浮遊体験ができるので、素敵な時間を過ごせます。テントでいつもとは違う視点で、キャンプをしたいならスカイネストを選びましょう。

キャンバススノーピークの買取情報

*商品カテゴリーをお選びください
トップへ戻る