スノーピーク製品の買取・査定を専門に行うキャンバスのサイトへようこそ!各種製品・キャンプ場・スノーピーカーの声などお役立ち情報も掲載中です。

canvas

スノーピーク・
キャンプ用品買取専門店

査定買取査定のお申し込み

#お客様の声 / 当店からのお知らせ・コラム情報

キャンバスをご利用いただいたお客様の声をご紹介しています。
当店からのお知らせ、スノーピーク・キャンプに関するコラムも掲載しています。

コラム

スノーピークの調理器具のソロクッカーについて

キャンプで料理をするために必須の道具がクッカーです。クッカーにはさまざまな種類があり、容量や深さによって使い分けることができます。今回は一人用のソロクッカーについてまとめてみました。

①スノーピークのソロクッカーの種類について

スノーピークのソロクッカーは、素材別にチタン製とアルミ製に分けることができます。「チタンパーソナルクッカーセット(SCS-020T)」と「アルミパーソナルクッカーセット(SCS-020)」の2種類があります。

 

どちらのセットにも、フライパンと浅型クッカーが2つずつついています。アルミは軽量で扱いやすいですが、変形しやすいです。またチタンはアルミよりも強度がありますが、熱の伝わり方にムラが出やすいです。

一方、ステンレス製の「パーソナルクッカーNO.3(CS-073)」もあります。このセットは内容物が多く、浅型クッカーにレードル(お玉)とターナー(ヘラ)がついてくるので、別で持っていく手間が省けます。ステンレスは丈夫な素材で錆びにくいですが、アルミやチタンに比べて重量があります。

 

そのほか、チタン製のフライパンと深型クッカーのセットである「純チタン食器3点セット(STW-001T)」もあります。

 

②スノーピークのソロクッカーの人気シリーズについて

キャンプに使うクッカーは持ち運びに便利なこと、扱いやすいことが重要なポイントになってきます。

「ソロセット極 チタン(SCS-004T)」は、軽量な上に丈夫なチタン製。

 

ポットとカップのセットになっています。このセットではポットの中にガス缶とストーブを収納することができます。ガス缶では110缶が2個、もしくはガス缶1個と「ギガパワーストーブ地(GS-100)」がぴったりおさまるデザインとなっています。

このセットがあれば、どんな場所でも飲み物を沸かすことができます。これらはすべてスタッキングでき、コンパクトにして持ち運ぶことが可能となっています。

器には「純チタン食器3点セット」を使いましょう。持ち手がついた、大きさと深さの異なる3種類の食器のセットです。チタンで統一された食器は非常に美しく、長く愛用したくなりますよ。

 

③スノーピークのソロクッカーの選び方について

内容の充実度で選ぶなら「パーソナルクッカーNO3」がいいでしょう。
ステンレス製は丈夫で扱いやすいことが魅力ですが、焦げ付きやすいので注意が必要です。こちらのセットはフライパンと取り皿、鍋が2つ、お玉やフライ返しもセットになっており、これさえあればアウトドア料理に困ることはありません。

では「チタンパーソナルクッカーセット」はどうでしょうか?こちらは鍋が2つ、フライパンが2つのセットです。チタンの良さは、とにかく軽くて持ち運びやすいことですね。「チタントレック900(SCS-008T)」はチタン製のフライパンと深型クッカーが1つずつセットになっています。最低限しのぐにはこちらもおすすめです。

 

一方「ソロセット極チタン」は、830mlの容量があるポットとカップのセットです。ツマミは熱に強いシリコン製となっています。
飲み物だけならこのセットがあれば大丈夫です。またインスタントラーメンなども作ることができますよ。とにかく軽量な装備でアウトドアを楽しみたい方におすすめです。

器には浅型の「チタントレックプレート(STW-002T)」、深型の「チタントレックボウル13cm(STW-003T)」があります。熱伝導率が低いチタンは、熱くなりにくいので容器に向いています。

 

このように、スノーピークのソロクッカーは、素材別にさまざまな種類があります。一人でのキャンプの際には効率よく料理をこなさなければなりません。自分の優先したいことを考えて選んでいくようにしましょう。

キャンバススノーピークの買取情報

*商品カテゴリーをお選びください
トップへ戻る
CLOSE
CLOSE